愛知県丹羽郡大口町にある着物お手入れ専門店 なぎさ本舗京都屋 丸洗いや染み抜きなどのお手入れ、保管や着物のリフォームまで着物のことならお任せください

愛知県丹羽郡大口町にある着物お手入れ専門店 | なぎさ本舗京都屋

店舗情報

営業時間
9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
TEL
        イーナシミナシ
0120-174-374
住所
愛知県丹羽郡大口町
大屋敷1-105(地図

携帯用QRコード
携帯用QRコード
京都屋特別教室の
ご案内です。
琴 :生田流
日舞:西川流
の教室を開いています。
ご希望の方は下記電話番号までお問い合わせ下さい。
TEL 0120-174-374

り・きもの(きものリフォーム・再生)

着物は昔から3代が着ると言われてきました。「祖母、母、子ども」「母、娘、孫」と言うように、大切に使用されてきました。現代もその風潮が大切に受け継がれています。今一度、家にある着物を見直し、活用しませんか?

洗張り、仕立て直し、染め替え、部分染め、上絵柄足しと言うような方法で再利用をしましょう。これを「り・きもの」「リフォーム」などといいます。

1) 単に大きさ、寸法が合わない場合は、部分的なお直しをしたり、洗張りをして仕立て直しをします。通常は縫い目、合わせ目に余分な縫い代がありますので、ある程度大柄な人にも再製できます。
2) 薄い汚れ、シミが一部にある場合は、まずは「丸洗い、シミ抜き」で再生を考えます。
3) 酷いシミがある場合は、部分的な場合は上絵柄足し、金粉加工などで汚れを隠します。これで無理なら、部分染めをします。又、地色や柄が派手であったり、地味であったりする場合も年代に相応しいように部分染めをして合わせる事もできます。1参照
4) 全体に汚れ、シミがある場合は「染め替え」をします。色、柄を抜いて、再度染め加工をします。新しい色、柄で甦ります。
5) 着物の一部に破れ、穴などがある場合は、思い切って数枚の着物のいい部分を組み合わせ、大胆かつ新しい組み合わせの着物を再現する楽しさ面白さもあります。
  このような加工の組み合わせで、古い着物を甦らせることが可能です。前に着用された人(祖母・母)の思い出を残すのも「り・きもの」ならばこそ可能です。これらの加工をするには、勿論専門スタッフが布地に弱りがないか、色抜き加工の難易などをチェック致します。最適な案を提示します。まずはご相談、お見積りをしてください。相談は無料です。



加工前1
加工後1

加工前1   加工後1